FC2ブログ
恋するお店
転職歴、数十回。 短所ではなく、「勇気ある行動」として長所と思っている。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高倉軒

ゆったりとしたフライデーの夜に ダーリンと映画「ピアフ」に行く予定が
ピアフは夜放映されていないではありませんか。(キャナルシティでは)

しょうがないので ビデオ屋で何かいいものを。
たまには泣こうぜ、と。

んだら、うちのオッサンがしょーもないビデオを・・・と言ってはいけないのだろうが、ちあきなおみが出てるから、という理由だけで
「居酒屋兆治」というのを借りてきて。
兆治は高倉健なわけで・・・

高倉健は今も昔も高倉健なわけで・・・
むっつりもっそりカッコイイわけですよ。
健さんが高笑いしたり、ひき笑いするシーンなんかなく、
まぁ 男、高倉なわけで・・・。
鼻提灯がね・・・膨らんできて・・・眠たいな、と。
お約束通り、まぁ・・・高倉さんのまま終って。
時間返せ、ダーリン!!と言いたかったですけど、堪えて。

けやき通りの奥にね、高倉軒、っていう中華屋がありますがね、
そこもまた普通。

スポンサーサイト

プッツン

小島よしおの瞳は 精神病棟に入る3日前のオジの瞳によく似てる。
プッツン5秒前、3,2,1・・・。

「頭の中があつ~~くなって・・・プチっと切れる音がした」
と その時の状況をオジは語った。
それから鬱病発症。
今は御陰様で躁病?で毎朝コケコッコーと鳴くほど元気になった。

友達の友達が鬱病発症で、久々に会うと 化粧がずれているらしい。
「それが・・・マイケルジャクソン並に・・・ずれてるわけよ、口紅もアイシャドウも・・・横にさ・・・」
痛い。見るに忍びない、と。

友達の元婚約者も同じ病気を発症。

発症の原因は皆同じ・・・。
「仕事」だ。
辞めたい、辞めれない、こんないい会社に勤めているのに・・・。
辞めさせない。

気の毒だな・・・。
「辞めちゃえ!!」というのは簡単なんだろうが・・・。
口紅もはみ出すほど頑張って・・・
辞めさせない婚約者を失ってしまうほど頑張って・・・

そこになにがあるのか・・・きっと私は知ることは出来ないだろうなぁ。
「辞めのプロ」だから。

一度切れたら なかなか繋がらないらしいなぁ・・・。
最近 回りで よく聞く話なので、考えちゃいます。
もし旦那さまが仕事辞めたいといったら・・・。
喜んで山奥で暮らすかも??とフザケテいるわけではないけど・・・。
別に仕事の一つや二つ・・・失っても・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・。
甘いんでしょうねぇ、・・・主婦の考えは・・・。

若くないリーの悩み

「才能あるやつは世の中が放っておかないんですよ」と強気で言っていたのは
スガシカオさんだったような。

愛の才能も主婦の才能もない。
毎日毎日 みじん切りしたり、網戸を歯ブラシで磨いたり、靴に吐息を吐きかけて拭いたりする才能はない。

餃子屋の女将じゃなくて 本当によかったと心から思う。
「毎日毎日 包む為に生まれたんじゃない!!」と3日で家を飛び出しそうだ。

以前、スナック「どん底」で働いていた時 親父が「どん底で働かせる為にお前を育てたんじゃない!!」と言われたような。


昼寝をすれば 夜中に眠れないんです。
晩御飯が早ければ お腹が空いて眠れないんです。
だから 「これからどうやって生きていこうか・・・」なんて
考えるんです。
今日 八百屋で浜ショウの「もうひとつの土曜日」が鳴っていたことを
思い出し、「八百屋で不自然だ!!」と妙に腹が立ったりするんです。

仕事している旦那の横で「朝漬けの素のもとは何だろうか?」とか
「吉田美和の旦那は9つ 年下だったらしいね」とか、
「エリカは生意気だ」とか話しかけて 無視されるのがオチなんです。

仕事していると思われた旦那を不意に覗くと 阿波踊りのユーチューブを
見ているのを知った時 祭りバカとはこのことか・・・・・と
同情するはめになるんです。

で、私に何の才能があるのか?
そう、それは気の長い旦那を切れさせる才能があるんです。
「ヤカマシイ、はよ、寝れ」と。
一生 起き上がって来るな、と。
それでも愛しているんです。 



それでも・・・をんな

もう1着もはいるジーンズがなくなった。
なのでスカートで誤魔化していたけれども、もう秋。
そろそろジーンズが恋しい。

無理矢理大きめの・・・大きめだったはずのジーンズを履くと
チンスコーのところが食い込んで「W」の悲劇になっている。
友達にも「ケツが食い込んで痛そう」とケツが同情される。

ならば 新しいジーンズを買おうではいか!!!
世の中にはおーーきな人がいくらでもジーンズ履いてるではないか!!
どこかへいけばきっとある!!
ジャストサイズ!

で、ユニクロなんぞに・・・。
あるんでねぇの・・・ここにはよ?太った主婦の夢がよ??

で・・・。
ジャストサイズ・・・何かしら?サイズ「30まで」という色、形。
とうとう、「30」に手を出した。
ユニクロは本意じゃないけれど、こうなれば・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!
はいらなーーーーーーい!
「死んでくれ、リー」

ならば 腰が深めの「30」取りあえず、はいったものの・・・
ウエストが乳の下にある。
そしてケツは二つある。ポケットの下にもうひとつ。
「いっそのこと死んでくれ、リー」
耳鳴りがした。

試着室で軽く死亡。
フランスではあれのエクスタシーの時、「天使の死亡」というらしいが、
私はもう旦那に相手されないので、試着室で「デブの死亡」。
それでも ハナタが好きタカラっっ!!!




プロフィール

「リー」

Author:「リー」
職歴:保育士、ホステス、洋服販売(婦人;紳士;子供服;アクセサリー)、競艇場の荷物預かり、電話受付、お店のママ;ベビーシッター;バーテンダー  

長崎生まれ博多育ち;旅人;
訪れた場所:東京;大阪;四国全部;沖縄(那覇;石垣)岡山;九州全部
アメリカ(シアトル(2回);ロス(3回);サンフランシスコ;ハワイ(4回))カナダ(バンクーバー;ビクトリア)韓国;中国(北京;長春)バリ;上海;ベトナム,フィリピン(マニラ)  

旅の最大の思い出;バンジージャンプ(45M)縄1本;足負傷;お蔭様で高所恐怖症の後遺症


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。